本サイトおすすめの通信教材はコチラCheck

【フィッシャープライス】バイリンガルでんでんむしレビュー|実際に遊んだ口コミを紹介

bilingual-snails

本記事では「バイリンガルでんでんむし」を実際に遊んでみたレビューを書いていきます。

「バイリンガルでんでんむし」は、世界大手玩具メーカーであるMATTEL(マテル)から2023年3月に発売されたばかりの新商品。

0歳で買ってよかったおもちゃ」、「英語が身につくおもちゃ」、それぞれにラインクインするくらい素晴らしい知育玩具に出会えました。

最近、音楽や音のでるおもちゃにハマっている息子(1歳児)にまさにピッタリでした…!

お気に入りのおもちゃになったので、その魅力をお伝えします♩

指あそびで発見!すすむバイリンガル・でんでんむし
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 1つでいろんな遊びができる
  • パーツが細々ならない
  • 遊びの中に英語を自然に取り入れられる
デメリット
  • 走るボタンが硬い

この商品はマテル・インターナショナル様にご提供いただき、実際に使用した上でレビューしましたが、記載内容についてはメーカー様からの指示はございません。

目次

fisher-price(フィッシャープライス)のバイリンガルでんでんむしとは?

バイリンガルでんでんむし
メーカー名MATTEL
fisher-price
商品名指あそびで発見!すすむバイリンガル・でんでんむし
対象年齢生後9ヶ月〜
商品サイズ25×13×20cm(幅×奥行×高さ)
電池単3×3(テスト用電池付)

バイリンガル・でんでんむしは、世界大手玩具メーカーであるMATTEL(マテル)のベビー・プリスクールブランド「fisher-price(フィッシャープライス)」から2023年3月に発売されたばかりの新商品です。

フィッシャープライスの知育玩具は、発達学の専門家が監修しており、飽きずに夢中であそべて、成長・発達に役立つ知育玩具がたくさん発売されています。

今回のこの「バイリンガル・でんでんむし」は、ブロックやボタンなど手指の発達を促すしかけがなんと40個も。

またボタンを押すと進むので、それを追いかけることでお子様のハイハイサポートにも最適。

おすわり時期からハイハイ、1歳を超えてもいろんな遊び方ができるので、0歳から非常に長く遊べるおもちゃでしょう。

バイリンガルでんでんむしレビュー!1歳が遊んでみた

バイリンガル でんでんむし

実際に「バイリンガルでんでんむし」を1歳児が遊んでみたので、早速レビューします。

おもちゃ自体には小さいパーツもないので生後9ヶ月から遊べます。

対象年齢9ヶ月
対象年齢は9ヶ月〜

生後9ヶ月からのおもちゃなので赤ちゃん向けかな〜と思っていましたが、全くそんなことありませんでした。

音のでるおもちゃが大好きな息子は、開けた瞬間からいろんなボタンや仕掛けをカチャカチャ触って試していました!

バイリンガルでんでんむし

でんでんむしは仕掛けはたくさんあるので、一部を紹介↓

指で引き出すと飛び出すたぬきさんや…

仕掛け
引き出したり直したり

はちさんをくるくる回したり、雲を動かしたり…

そして、ボタンを押すと光って音楽が流れます♩

光るボタン
ボタンを押すと光って音がでる

アルファベット、数、色や形の歌を日本語だけでなく英語でも歌ってくれるので、音楽の大好きな次男は終始ノリノリでした。

また、仕掛けは単純な押す・引っ張るだけでなく、ブロックの形をはめる遊びもできます。

ブロックの型はめ

遊びながら自然に指先の運動ができるのが最大の魅力でしょう。

また、このでんでんむし、何と走るんです。それもでんでんむしらしからぬ、動きがめっちゃ速い。

実際に走らせてみた動画がこちら↓

この速さが1歳児にはツボだったみたいで、何度も「走らせて」とせがんできました。

本来ハイハイを促すのがこの動きの役割ですが、ハイハイの時期を過ぎた1歳でも存分に楽しめるでしょう。

バイリンガルでんでんむしの口コミ(良かった点・気になる点)

バイリンガルでんでんむしで実際に遊んでみて感じた口コミ(よかった点・気になる点)を紹介します。

よかった点
気になる点
  • 1つでいろんな遊びができる
  • パーツが細々ならない
  • 遊びの中に英語を自然に取り入れられる
  • 走るボタンがかなり硬い

よかった点

よかった点は以下の3つです。

  • 1つでいろんな遊びができる
  • パーツが細々ならない
  • 遊びの中に英語を自然に取り入れられる

1つでいろんな遊びができる

バイリンガルでんでんむし1つあれば、指先の運動、音のでるおもちゃ、英語のかけ流しなどいろんな遊びや知育に対応できるでしょう。

親としては、何個も何個もおもちゃを買うのは教育的にも、収納場所でも気が引ける部分。

1つで幅広く、長く遊べるおもちゃはめちゃくちゃ重宝しますよ。

我が家は1歳から遊びましたが、もっと早く欲しかった〜!というのが本音です。

パーツが細々ならない

形はめに使うブロックを収納しておくことができるので、おもちゃがバラバラになりません。

これほんとありがたい配慮…!

お片付けを教えるのにちょうどいいサイズ感なんです。それに紛失防止にもつながるでしょう。

息子の場合、ちょうどモノを箱やカゴから入れたり出したりすることにハマっていたので、ブロックを入れたり出したりモクモクと遊んでました。

遊びの中に英語を自然に取り入れられる

バイリンガルでんでんむしはその名の通り、日本語と英語の歌が流れます。

低月齢でも押しやすいボタンなので赤ちゃんが自分で押して楽しむことができるでしょう。

いきなり「英語の曲を流そう!」と思っても難しいですよね。とっつきやすいおもちゃから、気軽におうち英語を始められます。

気になる点

気になる点は以下の通り。

  • 走るボタンがかなり硬い

欠点が見つからないほどの素晴らしいおもちゃでしたが、1つだけ気になる点が。

てっぺんのてんとうむしのボタンがかなり固くて、1歳児の力では押すことができませんでした。

てんとうむしのボタン

このてんとうむしのボタンはうちの子が大好きなでんでんむしの走るボタンなだけに、自分で押せないのはちょっと悲しいところ。

何回も走らせたい→でも自分では押せない→私が頻繁に押さなくてはいけない→……という地獄のループ…笑

とはいえなかなかの速さがでるので、ぶつからないよう親が安全確認をした上でボタンを押してあげるのが良いかもしれませんね。

バイリンガルでんでんむしはどんな人におすすめ?

バイリンガルでんでんむしはこんな人におすすめです。

  • おもちゃをたくさん増やしたくない
  • おうち英語をしたいけど始め方がわからない

おもちゃをたくさん増やしたくない

おもちゃをたくさん増やしたくない人に特におすすめです。

指の運動、ハイハイのサポート、音楽(日本語・英語)ができるおもちゃはなかなかないです。

また、遊びの幅が広いということは長く遊べるおもちゃでもあります。

「バイリンガルでんでんむし」は、買ったは良いけどすぐに飽きちゃった…とならない工夫がたくさんなので買って後悔はしないでしょう。

おうち英語をしたいけど始め方がわからない

おうち英語に興味があっても「何から始めたら良いのかわからない」や「いきなり高額なものはちょっと…」と思っている方も意外と多いんです。

まずは、取り入れやすいおもちゃから英語を聞くことに慣れるのも大切。

おもちゃであれば、遊びの中に英語が当たり前にある環境をすぐに作ることができるでしょう。

【fisher-price】バイリンガルでんでんむしレビューまとめ

本記事では、フィッシャープライスのバイリンガルでんでんむしをレビューしました。

よかった点、気になる点を再掲します。

よかった点
気になる点
  • 1つでいろんな遊びができる
  • パーツが細々ならない
  • 遊びの中に英語を自然に取り入れられる
  • 走るボタンがかなり硬い

1つのおもちゃでこんなに幅広く遊べるおもちゃは、ベビー・プリスクール玩具世界No.1のフィッシャープライスだからこそのクオリティ。

指先の運動で知育に、英語の音楽でおうち英語にも役立ちながら楽しく遊べるでしょう。

ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

ぜひシェアしてください

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次