本サイトおすすめの通信教材はコチラCheck

「オーナメントにもなるメモリーゲームくも」のレビュー

今回はメモリーゲーム(神経衰弱)をするのにおすすめしたい商品をレビューします。

その名も「オーナメントにもなるメモリーゲームくも」

色々な遊び方ができて、長く使えるおもちゃでもあるんです。

ということで、実際に4歳児と遊んでみました〜

こちらの商品は株式会社シャオール様から提供いただき、実際に利用したうえでレビューしております。

目次

オーナメントにもなるメモリーゲームくもの基本情報

商品名オーナメントにもなるメモリーゲームくも
メーカーシャオール
対象年齢2歳〜
ジャンルメモリーゲーム
素材紙 、PP
数量12組(24枚)

「オーナメントにもなるメモリーゲームくも」は、シャオール社から販売されている知育玩具です。

メモリーゲームとは、いわゆる『神経衰弱』のこと。

メモリーゲームは低年齢から遊べる遊びなんですが、集中力や映像記憶能力が育つのでぜひ早めに取り入れておきたいところ。

特にこのシャオールのメモリーゲームは、低年齢から長く遊べる工夫がたくさんされていました〜

今回は、うちの4歳児と一緒に家族3人で遊んでみました〜!

良いと思った点

「オーナメントにもなるメモリーゲームくも」で実際に遊んでみて良かった点は以下のとおりです。

  • 見た目がかわいい
  • 持ちやすい
  • 低年齢でも遊びやすい
  • 遊び方が豊富

見た目がかわいい

何と言っても見た目の可愛さが良いところ。

カード自体は商品名のとおり「くも」なんですが、その雲にちなんでか、空にまつわるイラストが描かれています。

飛行機や鳥、ヘリコプターや気球など、絵本に出てきて子どもが知っているようなイラストなので飽きさせません。

持ちやすい

メモリーゲームをするだけならトランプなどでもできるんですが、シャオールのメモリーゲームは持ちやすいのがポイントの1つ。

大きめのサイズで厚紙で出来ているので、テーブルや床でもしっかり掴めます。

地味に「掴みづらい」ってストレスポイントなので、この配慮は本当に助かりました〜

イヤイヤ期に突入してスグに癇癪を起こしちゃう時期なんかは、こういったしっかり子どものことを考えてくれているおもちゃで遊びたいですね。

低年齢でも遊びやすい

このメモリーカードの優秀なところは、文字や数字が書いていないところです。

文字がわからない時期からメモリーゲームを始めるなら「絵を見ただけでわかる」のは重要なポイント。

ちゃんと「揃った」を実感できるので、2歳くらいでも楽しめるでしょう〜

遊び方が豊富

遊び方も単純にメモリーゲームをするだけではありません。

実はこのメモリーゲーム、組になっているイラストが微妙に違うんです。

ほら、上の画像は気球の数が違うんですよ。

  • 神経衰弱に飽きた
  • 広いスペースがない環境(外出先など)

みたいなタイミングで違う遊び方ができるんです。

こういう味変ができるおもちゃって、本当に長く遊べるので嬉しいポイントです。

『メモリーゲームができるくらいには「同じ」だけど、間違い探しができるくらいには「違う」』というのは絶妙で、さすがと言った感じですね。

イマイチと思った点

「オーナメントにもなるメモリーゲームくも」で遊んでみて感じたイマイチなポイントは「紐が入っていない」ところです。

商品名にも「オーナメントにもなる」と書かれていたので、ちょっと飾ってみようかな…?と思ったんですが、内容物に紐は含まれていないようでした。

もちろん、好きな紐(糸)で飾れるという自由度はありがたいんですが、私みたいにズボラだと「わざわざ買いに行くほどじゃないし、また今度にしよう…」といつまでもオーナメントにならなそうでした。

オーナメントでのご利用を考えている方は、事前に紐を用意しておきましょうね。

「オーナメントにもなるメモリーゲームくも」のレビューまとめ

この記事では「オーナメントにもなるメモリーゲームくも」をレビューしました。

オーナメントにもなるメモリーゲームくも
総合評価
( 4 )
メリット
  • 見た目がかわいい
  • 持ちやすい
  • 低年齢でも遊びやすい
  • 遊び方が豊富
デメリット
  • 紐が付属されていない

メモリーゲームは低年齢から楽しめる遊びなので、ぜひ取り入れてほしいですが、その際に大活躍すること間違いないでしょう。

なんと言っても遊び方が豊富なので長く遊べるのが良いです。

プレゼントなどでもとても喜ばれるでしょう。

シャオールのおもちゃは他にもたくさんレビューしているので、ぜひ合わせて御覧くださいね。

ぜひシェアしてください

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次