本サイトおすすめの通信教材はコチラCheck

ぽぽちゃんは怖い?勘違い!可愛くて食いつきが良かった

ぽぽちゃん 怖い
  • ぽぽちゃんが怖いと言われる理由は?
  • どうやって遊ぶと怖くない?

お世話人形として人気の『ぽぽちゃん』

人形を見て怖いと感じる子どもは多いんですが、ぽぽちゃんは特にネットでも「怖い」という発信が多く見受けられます。

ただ、実際に我が家にぽぽちゃんがいますが全然怖く感じません…

ということで、ぽぽちゃんは本当におすすめではありますが、怖いと言われる原因と、対処方法をまとめました。

購入を検討している方は参考にしてくださいね。

目次

ぽぽちゃんが怖いと言われる理由

ぽぽちゃんが怖いと言われる理由は、主に以下の3点です。

リニューアル前の顔が怖い

ぽぽちゃんが怖いと言われてしまう1番の要因は顔が怖いというものです。

特に目が怖い!ぽぽちゃんの目は獰猛なサメの目と全く同じ!との声も…

しかし、それは2018年にリニューアルする前の話。

今発売されているのは顔が可愛く改良された新しいぽぽちゃんです。

そのため、今のぽぽちゃんを怖いと思う子は限りなく少ないはずです。

ご覧ください、この超絶可愛いニューぽぽちゃんフェイスを…!

くりっとしたお目目が可愛い!

目に光が入り(旧タイプは黒目だけだったので怖い印象がありました。)、まぶたやまつ毛がしっかりあってパッチリお目目の可愛いお顔に大変身しました。

リアルな作りが怖い

ぽぽちゃんは、リアルさを追求して作られたがゆえにまるで本物の赤ちゃんのように感じられます。

まぶたも動きに合わせて開閉するので、小さな子は余計に「本物」だと思ってしまうかも?

目の動きが動画で分かります。

自分でミルクを飲んでいるかのように哺乳瓶を咥えさせられる点だったり、触った時の感触だったり、全体的な柔らかさと言い、とにかく全てがリアルです。

目が開閉するだけならレミンちゃんも同じ作りですが、こちらはあまり怖いとの口コミはありません。

小さな子供たちは、本物と架空の差を区別するのがまだ苦手。

そのため本物そっくりの赤ちゃんらしい作りが怖いと思ってしまうのも無理はありません。

大きさが怖い

ぽぽちゃんは、よく比較されるメルちゃんやレミンちゃんと比べると6㎝ほど大きいです。

たった6㎝と思うかもしれないですが、比べてみると結構違います。

前からみた2人

身長も違いますが、ぽぽちゃんの方が横幅もあって全体的なフォルムが丸いですね。

後ろからみた2人

後ろから見てみると、ぽぽちゃんのぽよぽよ加減が更に分かりやすいです。

大人から見ても大きいなと思うので、子供からするともっと大きく感じるでしょう。

この大きさ…もはや「お人形」ではなく「人」に感じちゃう…

いくらお顔がリニューアルして可愛くなったとは言え、今にも動き出しそうでちょっと怖いと思ってしまうのも納得です。

関連ぽぽちゃんとメルちゃんを比較┃違いは何?どうやって選ぶ?

ぽぽちゃんが怖いと感じた時の対処方法

リニューアル前のぽぽちゃんが怖いと感じるなら、目に白目部分やまつ毛を描き足すことで怖さが緩和されるかもしれません。

ただし、一度描くと消えないので注意が必要です。

対してリニューアル後のぽぽちゃんが怖いなら、しばらくぽぽちゃんにはベッドやおもちゃ箱で寝ててもらった方が良いでしょう。

ふとした時に「怖くないかも?遊んでみよう!」と思えるかもしれないので、その日が来るまで無理に遊ばずにいるのも解決策の1つですよ。

遊びに取り入れるなら、おままごと等でぽぽちゃんを悪役にしてみるのはどうでしょうか。

悪役=敵として入ることで遊ぶハードルがグッと下がる♪

そうしている内に慣れて、悪役から味方役、そして子供の1番のお気に入りお人形になるパターンも考えられます。

ぽぽちゃんの基本情報

商品名あたしがママよ♡
赤ちゃんぽぽちゃん
販売元ピープル
対象年齢2歳〜
セット内容赤ちゃんぽぽちゃん、
ねこちゃんベビー帽子、
ピンクトップス、スタイ付きサロペット、
ごくごくミルクびん、赤ちゃんおむつ
STマークあり

ぽぽちゃんは、25年以上子供たちに愛され続けているお世話お人形。

「2歳の子供が赤ちゃんと感じる身長の比率」で出来ていて、他のお世話人形と比べてサイズが大きめなのが特徴です。

サイズ感を始め、抱き心地や髪の毛の質感、そしてお顔のぷにぷに加減など全てがリアルにこだわって作られています。

そのため、本当の赤ちゃんをお世話したいと望む子にとてもピッタリです。

顔が怖いという口コミは多く聞かれますが、それは2018年のリニューアル前の話。

今ではこんなに可愛く、令和ベイビーたちに受け入れられやすいお顔になっています。

こんなポーズも可愛いでしょ

ただ一点、ぽぽちゃんはお世話人形として残念な特徴を持っています。

それは、お風呂に入れられないこと…!

ぽぽちゃんは、そのふわふわな抱き心地を実現するために特殊な素材で出来ています。

そのため、お風呂に入れてしまうと体に水が染み込んでしまい、早く傷んでしまう原因となってしまうのです。

でもぽぽちゃんをどうしてもお風呂に入れたい!

そんな声に応えて、お風呂遊び専用のぽぽちゃんも販売されています。

ぽぽちゃん特有のぷにぷにお肌ではありませんが、お風呂で遊ぶのに特化しているだけあって水抜きがとてもしやすくお手入れが楽ちんです。

ぽぽちゃんシリーズの人気商品

見た目
対象年齢1歳半〜
触り心地マシュマロボディ
肌の質感プニプニ
お風呂×
髪の毛ブラウンマッシュヘア
大きさ28㎝

ぽぽちゃん以外に人気のお世話人形

ぽぽちゃん以外にも、このようなお世話人形が人気です。

メルちゃん

メルちゃんはぽぽちゃんよりも歴史が古く、お人形遊びと言えばメルちゃん!との呼び声も高いです。

服やおままごとセットを始め、関連商品の種類はぽぽちゃんよりも豊富です。

メルちゃんとぽぽちゃんを簡単に比較するとこのようになります。

お名前ぽぽちゃんメルちゃん
見た目
サイズ32㎝26㎝
目の動き動く動かない
お手入れのしやすさ洗えない洗える

赤ちゃんとしてのリアルさ、とにかくお世話をしてママになりきりたいというのなら断然ぽぽちゃんを選ぶべきでしょう。

扱いやすく、どこにでも連れて行きやすいお人形が欲しい場合はメルちゃんがおすすめです。

パイロットコーポレーション(PILOT CORPORATION)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で探す

関連ぽぽちゃんとメルちゃんを比較┃違いは何?どうやって選ぶ?

レミンちゃん

レミンちゃんはお世話人形の中では歴史が浅く、最近発売されたニューフェイスです。

しかしさすがはディズニーコラボ商品と言った所。

とにかく顔や関連グッズが可愛く、既に多くのママと子供たちから人気を得ています。

レミンちゃんとぽぽちゃんを比較するとこのようになります。

お名前ぽぽちゃんレミンちゃん
お顔
サイズ32㎝25.5㎝
目の動き動く動く
お風呂入れない入れる

ぽぽちゃんもレミンちゃんも目が動くというのが共通点です。

しかし、レミンちゃんはかなりデフォルメされていてリアルさはあまりなく、「THEお人形」という印象です。

お世話遊びにリアルを求めるならぽぽちゃん、とにかく可愛いお人形が欲しいならレミンちゃんを選びましょう。

ぽぽちゃんが怖いといわれる理由┃まとめ

ぽぽちゃんが怖いと言われてしまう原因は以下の通りです。

「顔が怖い」とよく言われていたぽぽちゃん。

しかし2018年のリニューアルにより、ぽぽちゃんのお顔はかなり可愛くなりました。

目が怖いと感じる子が多かったけど、新しいバージョンはそんな事はないので安心して♪

それでもまだ怖いと感じてしまうなら、しばらく時間が必要かもしれません。

他の知育玩具で遊び、慣れた頃にたくさんぽぽちゃんを可愛がってあげましょう。

お世話お人形は様々な種類が発売されています。

後悔しないためにも購入前にきちんとリサーチし、我が子の好みに合わせて選んであげてくださいね。

ぜひシェアしてください

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次